医療現場の行動経済学:すれ違う医者と患者

 

医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者

医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者

 

 

行動経済学の知識を「現場でどう適用するか」を知る上で本書を手に取った。

 

シェアードデシジョンメイキングの文脈や医療者自身に生じるバイアスについて、事例を交え、分担執筆で展開される。

 

ja.wikipedia.org

 

 

本書では、医療、とくに自身の生死と直面する状態での意思決定という「大変重い意思決定」においてどのような事態が生じ、行動経済学の知見がどう「よりよい」意思決定を支援しうるかを追うことができる。

 
事例は大変生々しい。多くの章では、診療現場で生じるコンフリクトをあげて、行動経済学の観点からどのようなバイアスが生じているかを分析し、どう患者のよりよい選択をつなげるように、場合によってはどのようにナッジを利用しながら進めるか、を提示している。
 
本書の中でも直接・間接的に言及されることであるが、患者にとってよりよい選択は一様ではない。
 
検診受診率を高めるような働きかけの是非は比較的ナッジの利用の有効性を支持しやすいと思う。が、生死を分ける場面でナッジを利用することには様々な考慮すべきことが存在する。
患者本人、家族の思考・思想は多様であり、そして肉体的・精神的に時間経過とともに変化をしていく。合理性の観点からは有用であることは理解できるがゆえに、適用への答えは容易ではない。
 
一方で、各場面で生じうるバイアスを理解すること自体が状況を改善する上では有用であろう。
生じるバイアスを踏まえ、患者・家族の状態・思考の理解につとめた上で、対処やコミュニケーションの設計をしていくことにつながる。
(この重要性はもちろん医療に限ったことではない。)
 
いつ患者当事者になりうるかはわからないが、大変身近な例で考えさせられると同時に、自身の仕事上で発生しうるバイアス理解と解決のあり方のヒントが得られたように思える。

マーケティング・リサーチ入門(有斐閣アルマSpecialized)

 

マーケティング・リサーチ入門 (有斐閣アルマSpecialized)

マーケティング・リサーチ入門 (有斐閣アルマSpecialized)

 

 

本書はマーケティングリサーチの入門書の位置づけである。

が、まず冒頭より「集めるデータ」「集まるデータ」という視点で展開をはじめる点で類書とは一線を画している。

 

アスキング以外のデータとして、ソーシャルメディアのデータ以外も当たり前のように記載されるし、集計データ・非集計データでできることなどリサーチャーがつまづきがちなポイントもさらりと解説される。

 

 

マーケティングリサーチ入門書の冒頭として、こうした視点を突きつけていることは刺激的である。

 

 

だが、よく考えれば、マーケティングリサーチを取り巻くデータ環境が既に大きな変貌を遂げている(遂げてしまった)ことを淡々と伝えているにすぎないのかもしれない。

当然ながら、クライアントサイド(たとえ調査関連部署だとしても)は、調査データのみに基づいた意思決定をしているわけではない。どのデータが存在し、どう活用されうるかのナレッジのUpdateなしに、仕事ができるわけがない・・・と突きつけているように感じたのは私だけではないはず。

 

 

入門書だから、研究者が書いているから・・・と回避せずに本書を一読することを私の周囲には薦めたいと思う。

(初学者が読むことも潮流を感じた上で学習を進める上で大事だし、経験者ほどよいUpdateができると思う。)

 

一方で、標本抽出、アスキング技法、統計的データ解析などももちろん盛り込まれている。網羅されているトピックの範囲は目を見張るものがある。本書一冊で十分な解説がされているわけではないが、今日押さえておくべきトピックがほぼほぼ網羅されている。定性調査についても少しではあるが触れられている(必要最低限という印象だが、概観としては十分だろう)。

 

また、集めるデータの強みも明確に記載されている。「ビッグデータ時代にリサーチは淘汰されるのでは」というざっくり話はもう聞き飽きるぐらい聞いているのだが、まずはこの整理の「強み」は理解した上で、他のデータとの違い、連携を踏まえて、思考していくことが生産的であると個人的には思う。

 

グラフをつくる前に読む本

 

 

このところ、データリテラシー向上を目的とした教育用のコンテンツを探していて「すっかり読んだ気になっていた」本書を改めて手にとった(kindleではなく)。

 

各グラフ表現とその成り立ちを、非常に平易な言葉で解説してくれている。

自分自身があまり類書に触れていないだけかもしれないが、こういう構成は初めてで純粋に楽しかった。

 

展開が急だったり、表現がクセが強いとこもあるのだけど、読者の敷居を下げる上では効果的なんだろうな、と思う。

 

また、脱線、といいつつ、データを読み解く上での重要なポイントが組み込まれていて、単純に「グラフをつくる」だけでなく、ただしくデータを読み解く技術を学ぶことができる。

 

これからデータを扱う人/扱っている人の点検にとても良い本だと思う。

 

あと、巻末のデータジャーナリズムの章は実例や読み物として価値があるのだが、「オープンデータでここまでできる」ということを示してくれている。この点も初学者の視野を広げる意味でとても良い教科書(に見せない読み物)として機能的だと感じた。

 

 

 

スモール・リーダーシップ チームを育てながらゴールに導く「協調型」リーダー

 

 

マネージャーの役割を務める上で、自分のマネジメントに自信をもてたことは恥ずかしながら一度もない。(自信あります、と言える人はスゴイとも思うが・・・。)

日々勉強しながら、迷いながら、失敗しながら・・・というのが実情である。

正解はないしね、と自分に言い聞かせながら。

 

 

翔泳社50%offフェア開催中で手にとった本書は、これまでいくつかの本や迷いながら体得してきたことがわかりやすい言葉でまとまっている。

マネージャーになり立ての自分が読んだとしたら、「仕事の回し方のテクニック」に相当する部分は、すぐに役に立ったであろう。

 

ただ、マインドセットについては、なり立ての自分がこの本のナレッジが役に立ったかはわからない。(たぶん記載されていることの本質の理解するための場面に遭遇していないから)

迷い、ぶつかった経験があるからこそ、「あぁ、やっぱりそうだよね」とか「ここ、改めてできていないなぁ」とぁ「スタンス見直さないとな」とか気づきがある。

マインドセットについては「今」読む意義があったと改めて思う。

 

コンパクトに重要なマネージャーのエッセンスが詰まった良い本だった。

 

時系列分析と状態空間モデルの基礎: RとStanで学ぶ理論と実装

 

時系列分析と状態空間モデルの基礎: RとStanで学ぶ理論と実装

時系列分析と状態空間モデルの基礎: RとStanで学ぶ理論と実装

 

 

※著者のブログ「Logics of Blue」は時系列解析の実践を行う上で非常に勉強になるサイトで、日々勉強させていただいております。

 

logics-of-blue.com

 

本書も上梓から遅れること約1年、ようやく手に取り拝読。(入手当時はAmazon品薄で、ヨドバシ.comから買った。)

初学者にもわかりやすく、親しみやすい文体でスムーズにBox-Jenkins法や各種時系列モデル、そして状態空間モデルを理解することができる。

Rユーザー、Stan遣いで「当該領域を即実践したい」という方々には最適な一冊といえると思う(pythonユーザーだとしても、十分に役立つ内容ではある)。

 

自分自身は、「ちょっと時系列分析を鍛えなおしたいなぁ・・・」という動機で沖本先生の書籍を先に読み(難解な部分は一旦おいておき)⇒本書を読み実践⇒理解を深くしたい部分を沖本先生の本に戻るという形で理解を深めていった。

 

経済・ファイナンスデータの計量時系列分析 (統計ライブラリー)

経済・ファイナンスデータの計量時系列分析 (統計ライブラリー)

 

 

 一連のプロセスを通じて、各時系列解析手法のプロコン・解析手続き・TipsをUpdateできたように思う。

 

時系列データを取り扱うといっても、予測・変数構造理解など分析者の着眼点はその時に応じて当然、異なる。一冊で時系列解析の体系をすべて理解することは困難であるが、本書はその導入として現時点で最適であるように思う。

ファンベース ──支持され、愛され、長く売れ続けるために

ファンベース (ちくま新書)

ファンベース (ちくま新書)

上梓されたから随分たってしまったがようやく読むことができた。


昔話になってしまうが、2008~2009年くらいに仕事で相当悩んでいた。
まだまだ経験値がなくて、リサーチというマーケティング活動の中では狭い領域の若手で。
それでも、(その当時の自分の狭い視野の)「マーケティング」に何か異物感を感じていた。
やることの理はわかる(あとで思えば理解は浅い)。でもなんかモヤモヤする。
その中で「クロスメディア」なる概念とかを見聞きするようになり、佐藤尚之さんの「明日の広告」を見たときに、なんだか救われた気がした。
「あぁ、こういう考え方もあるんだ」「こういう考え方をしていいんだ」


・・・で、結局、根本的にリサーチ仕事が変わったわけではないのだけど、「自分はこういう考え方がスキなんだ」と気づいた。

月日は流れて、まぁ色々あって、当時とは違う仕事内容になっている。
そうした中で改めて、本書をとることがためらわれた。
今の自分で、本書の内容を受け入れられるかな・・・。(読んでもないくせに)

で手にとるのが時間をたってしまったのだが、結論から言えば「自分はこういう考え方はスキ」というのに変わりはないし、今の仕事(はたまた自分が生きる上で)に組み込むことだってできるのではと味わった。


前置きがダラダラしてしまったが、本書では「ファンベース」という考え方を丁寧に提示した上で、それをどう実現するかについて示唆をくれる。
で、その効果はナンボなんだ、と問われることについてどう対応するかも(マインドセットを含めて)真摯に答えてくれている。データも示してくれている。


とはいえ、月日が流れた自分だからこそ、色々これを取り組む上でのハードルばかりを想起してしまう。
組織の中でこれを実行すること、成果につなげていくこと、それが可視化されるまでにどういう説得や仕掛けが必要か。
これを「ゲンナリしてしまう」とするのか「面白いじゃんよ」と考えて行動できるのか、が実現というか俎上にのるかを大きく分けるのだ(と本書を通じて自分の解とした)。


本書を読んで、この考え方が大切でないという人は少数だと思う(ビジネスのフェーズで重視度が違うのはまた別の話)。
でも、取組を初め、継続をしていくのが難しいということ、そのために必要なのは情熱だけでなく、「工夫」であることも本書は今の自分に教えてくれたと思う。


今、読んでよかったと本当に思った。

ドキュメント 戦争広告代理店

 

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

 

 

数年前から折につけ話題になる本でずっと気にはなっていたのだが、ようやく読んだ。

 

1990年代におきたボスニア紛争における表側・裏側で行われた「情報戦」についてのドキュメント。

恥ずかしながら近現代史に弱く、ボスニア紛争については「悲惨な戦い」というなんとなくな理解しかしていなかった。

 

ボスニア・ヘルチェコビナ共和国がアメリカのPR会社を雇い、先んじて情報戦を仕掛ける。

じわじわと、国際社会を「ボスニア支持」の論調に変えていき、セルビアを追い詰めていく。

 

本書では「情報の拡大再生産」「スポークスマンの印象形成」「強い『ワード』の生成・発信」「情報網を張り巡らし、キーパーソンの言動をとらえ、機を見ていかに仕掛けるか」などなど現在においても姿かたちを変えて行われていることの本質が描かれている。

 

情報戦で繰り広げられる事象と実態が乖離していようが、戦術の巧拙で世論は動き、国家や人々の命運をも変えていく。

 

あらゆる「情報戦」を考える上で本質を考えるヒントになるし、その諸刃の剣ともいえる力をこれでもかと感じさせてくれる本であった。